アプリ開発をするならリジェクトについて知っておこう

アプリを作るためには

アプリケーション

個人や企業で、様々なアプリを開発することができるようになりました。アプリ開発によって得られるメリットは数多く、個人の場合には利益、企業の場合には宣伝効果などを得ることができるのです。

Read More

アプリを開発する際の注意

ネットワーク

リジェクト要因の実例

アプリ開発をする際、それがiphone向けのアプリであろうとandroid向けのアプリであろうとリジェクト要因をしっかりと理解しておく必要があります。というのも、リジェクト要因が少しでも見つかればアプリ審査に通らない、もしくは公開後にリジェクト要因が見つかりアプリ自体が削除されてしまうという危険があるのです。基本的に、iphone向けのアプリでもandroid向けのアプリでもリジェクト要因となるのは、配信広告やアダルト要素やバグ、そして利用者に誤解を招く表現があることなどが挙げられます。アプリ開発者自身がそうと感じていない場合でもその判断を下すのは審査員です。自分本位ではなく不特定多数が利用するアプリであること、そして万人が受け入れられる表現を用いることが大切になってくるのです。

開発に関するやり取り内容

基本的に、こうしたアプリ開発をしてその審査手続き、やり取りに用いられるのは英語です。リジェクト要因があった場合にもその対応はすべて英語で行われることになるので語学力にある程度の自信がある人でなければアプリ開発をスムーズに進めることはできません。もし仮に、アプリ開発は出来るけれどもその手続き、審査が難しいという場合にはそのアプローチ方法を変えていくのもオススメです。アプリに関する情報、アイデアを専門の業者に提供し、その後の手続きや審査をすべて任せていく、これによって開発者としての名前は残しつつアプリ審査を通過することができます。もちろん、開発したアプリについてその魅力を十分に伝えられることが条件となりますが、開発者にはその利益の数割が収入として入っていきます。決して損な話ではないのです。

ワンソース管理アプリ

オフィス

スマホのアプリ開発は2通りあり、それぞれ言語や開発方法が違ってきます。HTML5は、WEBアプリ開発の代表的なプラットフォームで、異なるプラットフォーム上で同一のアプリの動作が可能になります。そのため1本のアプリ開発で、どのスマートデバイスでも利用できます。

Read More

HTML5の各種機能

スマートフォン

HTML5のフレームワークは大きく分けて2種類あります。一つはサーバサイド型のものであり、のう一方がクライアントサイド型のフレームワークです。リッチな機能を持ったアプリ開発をフレームワークを利用することで、簡単に実現ができます。フレームワークにはそれぞれ特徴が存在するので、それを細かくチェックして、理想的なWEBアプリ開発をしましょう。

Read More